ニキビ

ニキビの種類にはどんなのがある?

投稿日:

ニキビとひとことで言っても原因は種類によってそれぞれ。ニキビの種類は大きく分けて5種類あります。

それぞれの原因や進行していくとどうなるのか。ニキビができる順番に説明したいと思います。

白ニキビ

毛穴に皮脂などが詰まった状態で、最初にできるのが白ニキビです。ニキビの部分が薄い皮膜に覆われていて、表面はまだ閉じた状態です。

名前の通り見た目が白や乳白色なのが特徴でコメドとも呼ばれてます。白ニキビはまだ内側で炎症が起きる前で、単なる皮脂詰まりです。

ターンオーバーが乱れると毛穴のまわりの皮膚が厚くなり、結果的に毛穴を塞いでしまいます。そして皮脂や角質の出口がなくどんどん詰まっていきます。

この白ニキビの状態では痛みなどはありません。だからと言ってそのままにしてはダメ。白ニキビのうちにきちんとケアする事が大切です。

ここでケアができていないと、白ニキビが次々と現れたり…場合によっては進行して悪化すると跡が残る事も…

黒ニキビ

白ニキビが少し進行したのが黒ニキビです。皮脂がどんどん溜まり盛り上がってくると、薄い皮膜で覆われていた部分に穴が空きます。

その部分が空気に晒されると、皮脂が酸化して黒っぽく変化するのです。白ニキビと同じく黒ニキビも炎症が起きる前の段階です。

見た目が黒っぽいのでホクロやシミのように見えるので、メイクで隠そうとコンシーラーを使いたくなる気持ちもわかります。

でもメイクオフをきちんとしないと黒ニキビに汚れが溜まり、どんどん進行して悪化してしまうので注意して下さい。

実は黒ニキビだと思ったら、粉瘤だったという事もあるようです。粉瘤はニキビの原因と似ていて皮脂や角質が詰まったものです。

でも毛穴ではなく皮膚の下に蓄積するので、触ると肌内部にしこりを感じます。時には腫れ上がり痛みを伴う事もあります。

見分けるポイントは皮膚の下にしこりがあるか、痛みはあるか、です。もし粉瘤だったなら皮膚科へ受診しましょう。

赤ニキビ

黒ニキビが進行して悪化した状態なのが赤ニキビです。毛穴に詰まっている皮脂に細菌や雑菌が繁殖すると、炎症が起きてしまいます。

炎症を起こすとニキビのまわりが赤く腫れ上がって盛り上がります。酷い方になるとニキビ自体が熱を持った状態で触ると痛い事も。

この時毛穴の内側では過剰に増殖した常在菌の一種であるアクネ菌を攻撃するため、白血球が集まり炎症を起こしています。

黒ニキビの時より大きさも色も目立つので触ったり潰したくなりますが、極力赤ニキビを触らないようにするのが大切です。

この赤ニキビの状態できちんとケアができていないと、ニキビが治っても色素沈着やクレーターなど跡が残ってしまいます。

赤ニキビや膿ニキビまで進行してしまうと完全に治るまで時間がかかります。できるだけ白ニキビのうちに対策をしたいですね。

膿ニキビ(黄ニキビ)

赤ニキビの炎症や痛みが進行した後、終息へと向かい始めると表面に黄色い膿が溜まってきます。その状態が膿ニキビ・黄ニキビです。

この膿ニキビまで進行すると赤ニキビの時よりは痛みは退いている場合が多いですが、やはり触りすぎはダメですよ。

膿を覆っている皮膜はとても薄いので、ちょっとした刺激ですぐ潰れてしまいます。潰れてしまうと血が出て来る場合も…

そして膿ニキビが潰れた場所にまた雑菌や細菌が入り込み、新たなニキビができる悪循環。何度も同じ場所にニキビを繰り返す事も。

紫ニキビ

赤ニキビが更に悪化した状態や内出血を起こしてる状態が紫ニキビです。結節性ニキビや嚢腫とも呼ばれています。

触ると固くごわついていたり、ゴリゴリと芯があるのを感じたりします。紫ニキビは痛みなどがない場合がほとんどです。 皮膚がニキビなどの炎症を起こすと、自分の免疫が皮膚を攻撃、更に炎症が起こる。そして免疫が皮膚を攻撃するという悪循環が起きます。
赤ニキビをそのまま放置すると、紫ニキビへと悪化して進行してしまいます。

-ニキビ

Copyright© ベルブランにはトライアルがないの!?1番お得に買う方法を紹介 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.